フルートと言っても種類は1つじゃない!種類と特徴を知ろう |ノアミュージックスクール フルート教室

5fd3347744fa1cc70b796e9ecf2e43ac_s.jpg


■見たことが無いものも!?フルートの種類はこんなにあった


管楽器の特徴の中で、サイズにより音の高低が変わることがあげられます。
例えば、サックスで言うとコンパクトなソプラノサックスは高い音域、逆に大きなバリトンサックスは低い音域が鳴ります。フルートも同様に本体のサイズが変化する分、奏でる音域も変化してきます。


<コンサートフルート>
フルートの種類の中で一番よく目にするフルートがこのコンサートフルートです。「C管」のフルートで一般的にフルートと言えばこのコンサートフルートです。音域は3オクターブで軽やかで華やかな音色が特徴です。様々なジャンルで必要不可欠な管楽器の代表格です。


<ピッコロ>
ピッコロはイタリア語の「小さい」(piccolo)が由来で甲高い高音が特徴としてあげられます。また管調は「C管」でコンサートフルートの1オクターブ高い音を出すことが出来ます。オーケストラなどでは、フルート奏者が持ち替えて演奏することが多い楽器です。


<ソプラノフルート>
「Es管」の楽器で、フルートよりも「短3度(ドの指遣いで3度上のミ♭の音)。移調が必要なことからソロ演奏以外で使うことはきわめて少ないです。


<アルトフルート>
「G管」の楽器でコンサートフルートよりも「完全4度(ドの指遣いではソ、レの指遣いではラ)」


<バスフルート>
フルートと同じ「C管」で、ジャズやフルートアンサンブルで頻繁に使用されます。重さもあり、演奏中は横に構えるのが難しいため支えの縦棒を使用する場合があります。


<コントラバス・フルート>
このフルートは数字の「4」のような形をしており、管調はフルートと同じ「C管」です。その名の通り、アンサンブルではコントラバスのような役割を担っています。長さは約180?、管の長さ2.7m、重さは約4?あり、コンサートフルートの2オクターブ低い音を出すことが出来ます。他のフルート類に比べると、音は出しやすいものの、美しく響かせるということが難しい楽器です。


<フルート・ダモーレ>
フルート・ダモーレは「A管」のコンサートフルートとアルトフルートの中間の音域を持つ楽器です。フルートダモーレはフルートと同じ管の長さのため、とても柔らかい音がし、高い音域も演奏しやすいのが特徴です。
しかし、コンサートフルートとアルトフルートを持ち替えての演奏のほうが効果的なため、めったに出会う機会がない種類です。


種類がたくさんある為、購入の際はとても悩まれるかと思いますが、気になったものはぜひ試していただき、自分に合ったフルートを選んでいただければと思います。
値段も作りによって様々ですが、一覧でたくさんの種類が載っているヤマハのホームページがとても分かりやすいのでぜひ参考にしてみてください。


https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/winds/flutes/index.html


■音を聴き比べてみよう


サイトで調べてみると、様々なメーカー等の吹き比べ動画がたくさんあり、ヤマハ等楽器店が作っている動画もあるのでぜひ聴き比べてみてください!
購入前に事前にリサーチしておくのも良いかと思います!

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA