初心者必見!DJ用語を覚えよう!|ノアミュージックスクール【DJスクール】

39081c91425ba8b5a51766e30ae39ea8_s.jpg


DJ といえば「ラジオ DJ」・「クラブ DJ」・「バック DJ」など様々なジャンルかがあります、その中でもノアミュージックスクールではクラブDJをプロの先生から教わることができます。 一般的なクラブDJは、曲をノンストップで次々と流し、観客を楽しませることが主な役目です。よくDJ MIXと言う言葉がありますが、これはDJセットを使って、曲を止めずにつないでいくという意味で、 好きな曲をうまく繋いで流したり、エフェクトを使いカッコ良くアレンジしていきます。
それでは、DJにはどんな用語があるかチェックしていきましょう!


■機材の用語


【CDJ】


DJJ6 (1).jpg

CDやUSBメモリ、SDカードを使ってプレイをします。CDJ同士をLANケーブルで繋ぐ事でLINKする事が出来、再生媒体の持ち運びが便利なため近代的なプレイスタイルとなっています。








【ターンテーブル】


DJJ6 (2).jpg


アナログレコードを使ったプレイスタイル。音源を再生した時の暖かみや、スクラッチをした時の自然な操作感が特徴で、現代でも好まれて使われています。










【DJM】


DJJ6 (3).jpg


DJをプレイする際のミキサーです。通常DJをプレイする時は、DJミキサーを1台、CDJ×2台もしくはターンテーブル2台を用意します。豊富なエフェクト機能も備わっており様々なアレンジをすることができます。










【Scratch Live】


DJJ6 (4).jpg

PCDJというジャンルで、DJは本来CDやレコードなどの再生媒体を持ち歩かないといけません。大きな舞台で時間も長くなるほど大量のCDやレコードが必要となり非常に大変です。そんな問題を解決してくれるのが専用のソフトウェアを使った、PCを再生媒体とするプレイスタイルです。ノアでもレンタルをしているRANE SL4(Scratch Live 4)はオーディオインタフェースの役割を持ちPCに入っているデジタルの音源をアナログに変換することでDJをする事ができます。DVS(Digital Vinyl System)とも呼ばれ、
現在、実際のクラブやLIVEステージでは最も主流になりつつあります。
Live映像を見てDJをやってみたい!と思った方も初心者の方が最初に思い描くのもこちらのジャンルだと思います。もちろんノアミュージックスクールでも受講可能です。




【recordbox】


DJJ6 (5).jpg
Pioneerがリリースしているソフトウェアです。パソコン内に取り込んだ楽曲をCDJで再生するためのアプリの様なもので、USBメモリの代わりにパソコンに繋ぐイメーシ?て?す。iPhone用のアプリもあり非常に便利です。








【DJコントローラー】


DJJ6 (6).jpg
CDJとミキサーがひとつの機材として合体しているものをDJコントローラーと言います。PCと接続して、ソフトウェア上で曲を選択、ミックスすることができるので、これがあれは? DJ 機材がない場所でもプレイできます。








■テクニックの用語


【つなぎ】


DJとは曲と曲を繋げることが基本になってきます。その際は再生した時のBPM(Beats Per Minute)を合わせる必要があり、CDJもしくはターンテーブルのピッチコントローラーで調節が出来ます。


【スクラッチ】


DJをイメージした時に1番に思い浮かべるのがスクラッチだと思います。DJの映像を観ていると「チュクチュク」という音を耳にすると思いますが、あれがスクラッチです。


【SOUND COLOR FX】


DJミキサーには豊富なエフェクト機能が付いており、中でもSOUND COLOR FXは非常に使いやすく便利です。NOISEやCRUSHなど種類がありノブを回すだけで簡単に掛けられます。


■クラブで役立つ用語


【Remix】


既存の原曲を別の制作者がアレンジしたもの。



【VS】

他のアーティストとコラボしたステージなどに用いられる。

【Drop】

サビ。EDMで一番盛り上がるところ。

【Mashup】

2曲以上の楽曲からそれぞれの良い要素を取り入れて一つの曲を仕上げること。

【Put `em Up!】

「両手を上げて!」という意味。


■上達への近道


実際にDJを始めるにあたって役に立つことを、ノアミュージックスクールの講師であるDJ C2先生にお聞きしました!


1.まずは好きな曲を見つけましょう!
探すうちに好きなDJやプロデューサーを見つける事で、自分がなりたいDJの路線が見えてきます!


2.音楽の知識を広げましょう!
ジャンルが狭かったりすると平凡なステージになってしまいます。膨大なジャンルの曲を組み合わせて自分のキャラを出して行きましょう!


3.曲の構成を意識して音楽を聴きましょう!
拍の数え方やサビは何拍かなど気に掛けて聴いたり、体の首どこでも良いいのでリズムを取る所を決める事が上達のポイント!

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

目黒不動前 MEGURO FUDOMAE
池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA